グラフ惑星とそれを取り巻く衛星たち



グラフ惑星の説明

とあるNIT銀河の和田・犬塚星系第3惑星。人口は5人。面積約20畳。
ここではこの宇宙の謎をグラフ論的に解明すべく日夜研究中である。
この惑星は4つの衛星(Secure,Embed,Radio,InterCom)を従え、各衛星には それぞれの分野の研究施設がある。

グラフ惑星

いわずも知れた、われわれの研究グループの中心となる星。
我々のの研究結果および科学技術のはすべてこの星に集結している。
また、研究者たちは日々自分の担当の衛星の研究所にて仕事をしているため、
この星は研究者たちのよい交流の場でもある。

 Secure

衛星Secureに訪れる人の中には自分を他人と偽る人がいる。
この星ではそんな状況で安全な通信を行なうために使われている
「証明書」の配り方についての研究が行なわれている。

 Embed

衛星Embedは無人にもかかわらず鉄道が張り巡らされている。
初期の開拓者たちによって無数の踏み切りが建設され、現在は制御困難な状況である。
この衛星の研究所では、この踏切の数を減らすために努力している。

 InterCom

この衛星では、緊急事態に備えて迅速な緊急連絡網の作成に関する研究を行っている。
どういう緊急連絡網を作れば一番はやく伝言が伝わるかを日々研究している。

 Radio

この衛星においても、迅速な連絡網の作成を行っている。
が、衛星InterComと違いこの衛星の研究所では電波を使った通信に特化した
連絡網を作ることが目的であり、電波特有の問題と日々格闘中である。

グラフ惑星の住人


アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営